前澤友作MZDAO(エムズィーダオ)の参加方法や費用からメリット・デメリットと報酬を調査

mzdao記事のアイキャッチ画像

事業家の前澤友作さんがMZDAO(エムズィーダオ)という企画を発案して案内があったので、参加してみました。

まだこれからスタートする段階で、初期メンバーを募集しているところのようです。

ここではMZDAO(エムズィーダオ)の参加方法やかかる費用、メリット・デメリット、事業が儲かった際にもらえる報酬を調査しています。

ではさっそく見ていきましょう。

前澤友作MZDAO(エムズィーダオ)のロゴ画像
>MZDAOの公式ページを覗いてみる

前澤友作のMZDAO(エムズィーダオ)に参加した理由はコレ

Googleで「MZDAO」と入力すると、検索候補に「怪しい」というのがまっさきに出てきます。

しかしMZDAOを主宰しているのは正真正銘あの前澤友作さんです。

前澤友作さんのMZDAO(エムズィーダオ)とは、前澤さんが発案してLINEで参加者を募集している、みんなで会社をつくろうプロジェクトのこと。

MZというのは前澤友作(まえざわゆうさく)の「前澤」の部分「Mae Zawa」を細かく切った感じなのはわかります。

では、DAO(ダオ)とは何でしょうか?

DAOというのは、分散型自立組織のことで、Decentralized Autonomous Organization(ディッセントライズド・オートノマス・オーガニゼーション)の略でした。

「DAO」を検索してみると、「始め方」「作り方」というワードが出てきますから、かなり流行ってきてるみたいですね。

で、僕はといえば、このMZDAOに参加してみましたよ。

もともと私は、誰かと繋がって一緒に何かをしたいという気持ちはあるものの、実際に会ったり特定の場所に時間を使って通勤したり勤務したりするのは嫌だなと思っていました。

また、社員になったりすると途中でいろんな用事をしたり長期に休暇をとったりするときに面倒ですよね。

そんなとき、ちょうどLINEでMZDAOの案内が来たので読んでみたら、スマホで参加できて通勤もないし、そもそも社員の募集ではなく会社の立ち上げへの参加ということだったので、参加してみたんです。

参加のハードルが低いのに、会社の立ち上げから成長、事業の成り立ちと報酬の受け取りまで様々な魅力的なことがあるっていうところに惹かれました。

前澤友作MZDAO(エムズィーダオ)のロゴ画像
>MZDAOの公式ページを覗いてみる

前澤友作MZDAO(エムズィーダオ)への参加方法は?

前澤友作さんのMZDAO(エムズィーダオ)への参加方法は非常にかんたんです。

このリンクから公式ページへアクセス
②ユーザー名とパスワードを設定
③会費を振り込む

だけ。

これでみんなで会社をつくろうプロジェクト「MZDAO」に初期メンバーとして参加ができてしまいます。

前澤友作MZDAO(エムズィーダオ)のロゴ画像
>MZDAOの公式ページを覗いてみる

前澤友作MZDAO(エムズィーダオ)にかかる費用は?

MZDAOへの参加費は、月会費として1ヶ月500円(税込み)がかかります。

この企画はみんなで提案しあった事業がうまくいき、会社の利益がたくさん出れば報酬がもらえるので投資に近いですよね。

この月々500円が高いと感じる場合は参加しないほうが良いでしょうね。

僕はメチャクチャ安いと感じました。

これ、参加者が増えて初期メンバー募集が終わり、次の大多数の参加者を募集する頃にはこの金額じゃ入れないんじゃないかと思いますがどうでしょうか。

前澤友作MZDAO(エムズィーダオ)のロゴ画像
>MZDAOの公式ページを覗いてみる

前澤友作MZDAO(エムズィーダオ)に参加するメリットやデメリット

前澤友作さんのみんなで会社をつくろうプロジェクト「MZDAO」に参加するメリットはどんなものがあるでしょうか?

それは私が参加することにした理由にもあるように、スマホでできる通勤や勤務、嫌な人間関係などがないことがまず言えると思います。

次に、報酬がもらえる可能性が高いこと。

前澤友作さんは、今や誰もが知る大事業家ですよね。

彼が始めた企画ということで、その会社がおこなっている事業であれば一般消費者に受け入れられやすいと思います。

なおかつ、これまでにないような面白いサービスが始まれば、メチャクチャ大きなお金が動くことになるのではないでしょうか?

かけたお金の分だけ報酬が増えるのではなくて、参加するのが早ければ早いほど増えるとしたら・・・?

とにかくまとめると、メリットは

①スマホで参加できる
②通勤や勤務がない
③面倒な人間関係がない
④報酬がもらえる可能性が高い

ということですね。

ではデメリットはどうでしょうか?

これはかんたんです。

①お金が1ヶ月500円かかる
②LINE・ブログでお知らせを読む時間が必要

とったところ。

デメリットよりもメリットが大きいと感じたら、参加してみると良いと思いますよ。

前澤友作MZDAO(エムズィーダオ)のロゴ画像
>MZDAOの公式ページを覗いてみる

前澤友作MZDAO(エムズィーダオ)でもらえる報酬はいくら?

では、前澤友作さんのMZDAO(エムズィーダオ)でもらえる報酬って、いくらくらいなんでしょうか?

これははっきり言ってまだわかりません。

事業が始まって、それがうまく行った場合にのみ報酬はもらえますし、途中で頓挫することもあるでしょう。

ですが、MZDAOの考え方でもあるように、それはそれ

参加者にしてみれば大きな痛手じゃありません。

それに、このコミュニティーに参加することで得られる経験(今までにない大きな会社の立ち上げに関われること)が今後いろんなことをやっていくのに役立つと思います。

長い目で見て、大きな期待をもっていたいところですね。

前澤友作MZDAO(エムズィーダオ)のロゴ画像
>MZDAOの公式ページを覗いてみる


ということで、今回は前澤友作さんのみんなで会社をつくろうプロジェクト「MZDAO(エムズィーダオ)」についてでした。

ぜひ公式ページをよく見てみて、参加されるかどうか検討してみると良いと思います。

この記事が参考になれば嬉しいです。

次の記事もお楽しみに。

では!

前澤友作MZDAO(エムズィーダオ)のロゴ画像
>MZDAOの公式ページを覗いてみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語でお願いします。