ブログ開始から6ヶ月間で1ヶ月10万円の収益を達成する方法2018最新版の紹介

どうも!
杉本です。
2017年末から計画を進めていた企画「1ヶ月記事更新なしで10万円稼ぐサイトを実際に完成させる(仮)」が形になろうとしています。
今回はこの企画の紹介として、僕がどうやって稼げるようになってきたのか、稼げない頃はどうやってしのいできたのかなどを詳細に語っています^^;
参考にして稼ぐ材料にしていただければ良いなと思います。

1.ブログを正しい手法で半年間続けた場合の収益の推移

正しい手法で継続して作業していくことで、ブログの収益は
1ヶ月目=500円
2ヶ月目=1000円
3ヶ月目=5000円
4ヶ月目=15000円
5ヶ月目=50000円
6ヶ月目=100000円

と増やしていくことが可能です。
ところが、正しい手法というのがどこにも載っていません。
正しい手法は一つではなく、過去現在にブログで大きな収益をあげた人が実践した手法すべてが正しいと言えます。
もちろん、スパム的なものやその他の犯罪行為や不法行為での収益はダメです(心が荒むので)。
 

2.ブログ実践者の2%だけが月収10万円を達成している事実

ブログで1ヶ月に10万円稼いでいる人は、ブログで稼ごうと考えているすべての人の2%程度だと言われているのをご存知ですか?
なぜほんの一部の人しか月10万円を達成できないのか?
それは、正しい手法を知らないことが原因でう。
しかし正しい手法は誰も発信しません。
仮に一部で発信されていたとしても、それが本当に正しい手法なのか判断できませんよね。
もっと言えるのは、正しい手法をゲットしてもたぶん稼げません。
本人はそれが本当に正しい手法かわからないし、途中で諦めて他の手法に手を出してしまう可能性が高いからです。
こういうのをパターン化して繰り返す人を「ノウハウコレクター」と呼びます。
僕の友達にもノウハウコレクターを自称している人がいます。
「自慢じゃないけど、ブログで稼ぐ前に気づいたら500万円以上使ってた」と語っていました。
(ちょっと自慢してましたが^^;)
その集めたノウハウのすべてを無駄にするのか、今後実際に活かすのかは
・本人がきちんと実践すること
・発信者のサポートを受けること
に掛かっています。
多くの人は、「実践はするけどサポートは必要ない」と思っているようです。
僕もブログを始めたばかりのころはそうでした。
「自分なら何となくできちゃうんじゃないか」
と思っていました。
「できればお金を1円も使うこと無くたくさんお金を稼ぎたい」と。
・・・でもそれは無理です。
ライターとして取材やコンテンツ製作の経験を長くやっていたという人やSEO対策会社の社員だったような人なら話は別ですが、それ以外の職業の人は独学は無理だと思ったほうが得です。
考え方の変更が必要ですね。
僕のコンサルでは、間違いなく正しい手法を伝えながら、進行状況に応じて致命的な間違いを起こさないように1ヶ月10万円の収益という目標に向かってまっすぐ進んでいくサポートをしていきます。
始めたばかりの方はもちろん、これまでけっこう長くやってきたけど収益が全然出ない方にも寄り添っていくので必ず良い結果出ますよ。

3.借金6000万円で無収入で貯金ゼロから自由な暮らしへの脱出

僕は長期間稼げない辛さや、借金の返済や支払いが迫っているのに口座に全くお金がない状態の焦りを克服して正攻法で稼ぐようになったという強みがあります。
2015年に子供が生まれた年に、それまで11年間勤めてきた住宅建設会社を解雇されました。
長年に渡り赤字軽々が続き、債務超過のため給料が払えなくなったんです。
会社都合による退職。
いわゆるリストラですね。
ある意味しかたない出来事です。
また、これは社会人にとって誰にでも起こりうる事態だと言えます。
会社勤めの給料は安定した収入ですよね。
しかし、それが突然途絶えたらどうしますか?
当然、すぐに再就職先を探しますね。
僕も解雇通知をもらって即、ハローワークに行きました。
職業安定所です。
しかし、不況のさなか40歳になる妻子持ち男性を高待遇で雇ってくれる会社って中々ないんですよ。
未来を考えて色んな方向性を検討しました。

①解雇された会社での新事業を模索した経験が生きる

ハローワークで失業保険金を受給しながら、中々再就職先が見つからない状況の中、常に頭のなかを駆け巡っていたのは、ネットビジネスをやったらどうか?ということでした。
それは、解雇された住宅会社に勤務していた頃の経験からくるものでした。
僕は解雇される数年前から、上司から「収益性の高い新事業を早急に発案して実行する」ように言われていたんです。
その時に見つけたのは、インターネット上の広告でした。
「超高収益ビジネス構築セミナー」
胡散臭いですよね^^;
普通なら飛びつかない広告ですが、そのあまりに直球すぎるキャッチコピーに心躍ったんですよ。
当然、上司には却下されました。
そういう眉唾ものに会社組織として参加することは出来ない、というまっとうな意見です。
その通り。
心からそう思いました。
でも・・・
解雇となった今、あのセミナーに行きたい。
そう思い始めたんです。

②行動したことで運命的な出会いが

超高収益ビジネス構築セミナーに参加しました。
セミナー費用は3000円です。
ただ、参加したら高額商品を売りつけられるんじゃないか?という心配は当然ありました。
住宅会社の元社員として、住宅業界を席巻していた「ナック」や「ラフィーヌ財務総研」といったやり手のコンサルタント会社の手法を熟知していたので警戒心を持ちながらの参加でしたね。
ところが・・・
実際にセミナーに参加してみると、魅力を感じてしまったんです。
そのセミナーを行なっていたのは
佐藤セルゲイビッチという人でした。
年は僕のひとつ下(!)
講師の赤ちゃんの頃からの自己紹介スライドでスタートしたセミナーは、参加者の多くの心をつかむのに時間は掛かりませんでした。
これまでに経験したことのないセミナー展開だったんです。
参加者同士で話し合う時間や、手でプリントに書き込む時間などがあり、知らない間に警戒心はどこかへ飛んでしまっていました。
心を持っていかれそうになりながらギリギリのところで我に返って、セミナー終了。
もちろん、セミナー後には高額商品の宣伝がありました。
実際にセミナーで話した内容を実践するための講座の案内です。
僕は、100万円くらいの値段を出されるのを覚悟しました。
内容(講座のコンテンツ)がすごかったからです。
顧客が誰にも教えたくないと思えるような集客術
心から欲しくてお願いしてくるセミナー方法
ライバル皆無の分野での起業方法
集客を自動化して自分は業務に集中できる方法
業務を自動化して自分の実働を限りなく減らす方法
様々な国へ旅行した先で簡単な操作のみで仕事完結する方法

ステップバイステップで、これをクリアしたら次が可能になるというテンポ良い日程に「So Exciting!」と叫びたくなる衝動を抑えるのに必至でしたw
極めつけの講師の一言が、
「僕はお金も時間も自由で楽しんでますが、なぜこんなセミナーをするのかというと、一緒に楽しむ仲間を増やしたいからなんですよ」
というもの。
声を変えれば誰かがスケジュール空いてて、一緒にちょっと海外言ったりレジャーしたりしたいんだということでした。
うまいな〜、と思いますよね?
実際その場にいたら本当に自分もそうなれると感じてしまいます^^;
僕はその「超高収益ビジネス実践講座」は100万円すると言われると思ってました。
ところが・・・
提示された金額は、50万円だったんです。
びっくりしました。
予想の半額だったんで。
50万円なら無理すれば行けちゃうんじゃ・・・
会場の誰もがそう思ったんじゃないでしょうか。
そして空前の成約率を誇ったそのセミナーの、成功を決定づけたのは次の一言だったんです。
「僕は今普通に生活してる人が、僕達のようになって欲しいという思いでこのセミナーを始めたんで、50万円本来はいただきたいんですが・・・半分の25万円にします」
もう断る理由がなくなってしまった。
何とかやりくりできるお金の半分だったんで。
もう、詐欺でもいいや、騙されちゃえ!
そんな精神状態でしたね。
高額商品(バックエンド)の紹介が終わり、数時間の休憩後に個別面談をしますということで各自外出して食事に散っていきました。
外出するために乗りあったエレベーターで、目があったセミナー参加者の青年と話をしたんです。
「どうしますか?行きますか、講座」
僕から話しかけました。
その青年は
「いや僕は行きません」
きっぱりと言い切りました。
かなり意外でしたよ。
当然行く気満々になってる人ばかりだと思っていたので。
「そうなんですか!僕は行く方向ですよ」
行ったらこうしてああして、そんなビジネスをやろうと思うんです、と歩きながら熱く語ってしまいました。
僕の熱い語りを静かに観察するように聞いていた青年は、
「ちょっと食事しませんか」
と提案してきたんです。
なんだか、これまでに僕が出会ったことがないタイプの人でした。
んん?あったかな?
どこかで似た感じの人と会ったような・・・
ちょっと思い出せません・・・
とにかく、身の回りにはいないタイプですね。
実はその青年、後に僕のブログの先生になる人でした。
Fさんといいます。
立ち寄ったカフェで食事したんです。
その時に単刀直入に
「今何かネットビジネスされてます?」
と切り出されました。
ビジネスとまでいきませんが、当時YouTubeアカウントを取って、Googleアドセンスと提携したばかりだったのでそのことを伝えると、
「YouTube稼げますか?」
「いや〜、そんなに稼げる気はしませんね」と僕。
「ブログやられません?ブログなら余裕で稼げますよ、棒のコンサル受けませんか?」
かなり直球で来ました。
元々僕はいろんな営業マンと渡り合ってきたし、どんなメリットデメリットがあるかぶっちゃけトークをするのに慣れていたので質問してみました。
稼げるまでにどのくらいの作業と期間が必要なのか?
いくら稼げるようになって、いくら支払うのか?
稼げなくても支払いは発生するのか?

というようなことですね。
すると、この記事の冒頭で紹介した「稼げるまでの収益の変遷」を説明してくれました。
ネットビジネスには大きな可能性があって、まだまだこれから伸びる分野なんだと。
思わぬところで、思わぬ誘いを受けましたが、想定しているコンサル費用を聞いて即答しました。
「やりますよ」と。
費用は半年間で5万円だというんです。
5万円支払うことで、半年後に月10万円稼げるように慣れば儲けものだと思ったんです。
しかし、結果は思うようにはいきませんでした。
作業は淡々とこなしたんですが、ブログ開始から数ヶ月後に解雇される流れは想定できてなかったんです。
解雇前後も開いている時間を使ってブログ書いていましたよ。
ただし、あまりクオリティが高いとはいえない内容でした。
あまりアクセスを集められない言い訳としては十分過ぎるパワーの有る「解雇」という状況。
どこかで「仕方ないよな」という気持ちがあったわけです。
工夫のないまま当たり障りない(面白くない)記事を量産していった結果、半年後の月の収益は約5万円でした。
それでも

  • コンサル費用(半年間で5万円)
  • ドメイン費用(1年間で約1000円)
  • サーバー費用(月々約1000円)

以外はすべて無料ツールを使いながら、月々5万円も入ってくるのなら文句ないかな〜という弱気姿勢になってしまったんです。
「家族を養いながらお金も時間も自由になりたい」そんな野望は影を潜めてしまった様子。
コンサルとなったFさんはかなりのノウハウを持った人でした。
自分の持つノウハウを徹底的に教え込もうという姿勢はありがたかったですね。
ただし、こちらの都合もあり目標には届かなかったんです。
半年のコンサル期間が終了し、Fさんの元を離れることになりました。
Fさんから学んだことは、

  1. 読者のためになる記事を書くことが収益への近道だということ
  2. 3ヶ月後に検索されるキーワードに関する記事を書くことでアクセスを安定して増やすことができること
  3. 1日1記事を遵守することでよりアクセスを伸ばしやすいこと
  4. ニュース記事に関したタイトルを付けず、関連する長期的な検索キーワードでタイトル付けすると長くアクセスを集められること
  5. Googleキーワードプランナーでボリュームを詳細にチェックすることで長期間アクセスを集め続けるサイトを作れること

です。
これは僕のブロガーとしての超基本的な事項となりました。
意外とこの基礎をすっとばして始める人が多いように感じます。
面倒ですが、この基礎をきちんとやらないと安定した収入は難しいです。
かなり大変ですが、一度習得してしまえば強いですんで、頑張ってやっていきましょう。
具体的なやり方はコンサル企画参加者の方に配布する特典ツールで詳しく触れています。

③専業でブログをやっていくと決意する

どんなに少額だろうが、何もないところから自分だけでお金を稼ぐというのはかなり快感なんです。
これまで住宅会社に入る以前から、何かしらの組織に属して給料をもらって生活してきたので、自分の力で収益を発生させるという行為は新鮮でした。
半年間ブログと向き合う生活を続けてきて感じたことは、もう誰かからお金もらいながら決められた働き方をするのは無理だな、ということでした。
単に、人に動かされるのが我慢できない感じになってしまったのかも。
しかし、専業でブログをやっていく決心したきっかけは別のところにあったんです。
それは、妻との約束です。
妻は結婚する前の10年間くらい、フランスに住んでいました。
日本人ですが(よくコレを言うとフランス人と結婚したんだ〜と言われますが違います)。
結婚を気に帰国したわけですが、フランスに時々行けるような生活したいというのを僕は快諾したんです。
でも原状では到底金銭的に無理でして・・・
妻は自力でお金稼いで行くけど何か?というスタンスなので、僕が稼げて無くてもある程度フランス行きは計画しているようでした。
でもやっぱり僕が連れて行ってあげたい。
約束したんだし、無かったことにしてしまったらタガが外れてダメ人間になってしまう気がします。
 
さらに、子供が生まれましたからね。
将来はお金の不安なく、やるべきことに100%頑張れるようにしてあげたいです。
今から条件を下げて再就職して働いても、十分余裕ある暮らしをさせてあげられないと判断しました。
大きく飛躍的に稼ぐにはネットビジネスしかない。

  • 妻との約束
  • 子供が生まれたこと
  • 1人で仕事する自由

これらが合わさったことで決心できたんです。
ただ、現実は全然甘くなかった!

④稼げない2年間は預金ゼロで借金が雪だるま式に増えた

稼げない期間は考えていた以上に長く、焦りと不安と恐怖に支配された生活でした。

【借金の内訳】
住宅ローン 4300万円
義父からの借金 300万円(住宅建築の諸費用)
カードローン 250万円(一時始めた資格スクール事業の資金)
その他ローン 100万円(資格取得や生活費を合算して)
クレジットカードリボ払い 200万円(公共料金や保険料等)
合計 約5150万円
月々の返済は全部で21万円ほどでした。
多方面に分散していたので、一時返済日を把握できない時期もあり、相当焦っていました。
この「自分の借金や返済額を把握できていない状態」って一番良くないですよ。
破産へまっしぐらですね。
ただ、見方を変えると
「自分の借金と返済額・返済日を把握できていれば問題ない」
とも言えます。
きちんと返済できていれば良いわけです。
ただ、自分の財務状況を整理するには、エクセルやGoogleスプレッドシートですべての

  • 収入と入金日
  • 借金と返済日

をまとめて「デッドライン」を把握する必要があるので大変です。
デッドラインがいつか分かると、それでにいくら必要ということがわかりますよね。
そうしたら、それだけに集中すれば良いので意外と何とかなります。
収入だけで足りない場合、まだ借入が可能であれば手続きをして、期日(デッドライン)までに入金されれば良いんです。
僕はカードローンで借入ができた場合、半分は使わずにとっておき、当面の返済に充てるようにして、早め早めに借入を実行していきました。
こうすることで、稼げるまでの時間を最大限確保できるんです。
一般的にはこんな手法、ダメですよねw
雪だるま式に借金が増えていきますから。
でも必ず稼げるという確信があったので、迷わず実行しました。
もしあなたが返済に苦しんでいたり、リボ払いでクレカ枠を使い切って身動き取れなくなりそうな状況でも、まだ間に合いますよ。
消費者金融意外の借入れの手段を全部使い切って、親族や知り合いにもあたって急場をしのぐことも出来ます。
そうして出来る全ての対策をすれば、限界だと思った時点から少なくとも半年は食いつなげます。
半年あれば逆転可能ですよ。

⑤実際に何をして危機を脱したのか?

僕はFさんと離れてからしばらくは自分ひとりでブログ記事を作り続けました。
しかし、月の収益は5万円からなかなか増えなかったですね。
頭打ちな感じでした。
そんな時、僕のブログにあるコメントが来たんです。
「ブログ隅々まで読ませていただきました。
全体のデザインやロゴもキチンと作られていてかっこいいです。
記事内容も分かりやすいし、読者のためになる記事ばかりですね。
ただ気になったのが、アクセス数です。
もし良かったら教えてもらえませんか?
私はブログのコンサルタントをやっていますので、何か役に立てるかもしれません。」
という感じのものです。
しばらくスルーしてしまいました。
だって、いきなりちょっと上から目線だし、アクセスや収益が少ないのを見透かされてるみたいで嫌だったんですよ。
恥ずかしいじゃないですか^^;
でも少しして、気になったので返信したんです。
始めてからの期間や、記事数、アクセス数、収益など正直に言いました。
そうしたら、何とアドバイスくれたんです。
原状から短期的に収益を増やす方法を。
季節は冬。
もう少しで年末という時期でした。
コメントくれた方はHさんという人です。
Hさんは
「もうすぐ箱根駅伝が始まるので、箱根駅伝でテレビに長く映りそうなチームのマイナー選手のプロフィール記事をできるだけ多く書いて内部リンクさせることで、凄まじいアクセス集めれますよ」
とアドバイスくれました。
実際にHさんは箱根駅伝の特化サイトでクリスマス頃から記事を入れ始め、箱根駅伝終了後の1月4日までに4万円稼いだと教えてくれたんです。
やってみました。
記事数は少なかったですが、箱根駅伝のマイナー選手。
(マイナーと言っても凄い選手ですが・・・m(_ _)m)
アドバイス的中しましたね。
年末に記事を書いた直後から徐々にアクセスが増え始め、1月1日の夜から4日の夜くらいまでず〜っと夜中もアクセス来てる状態でした。
箱根駅伝記事は4記事程度でしたが、ブログ全体アクセスの50%くらい占めていたと思います。
1月前半だけで10万円程度収益が出ましたが、箱根駅伝記事のおかげでしたね。
その後は、マイナーな人物・ライバルが少ない人物の記事を意識的に書くようになりました。
それ以後、安定したアクセス・収益に加えて、狙って爆発を起こすことが度々可能となったんです。
勝負時にはテレビの前でリアルタイムで爆発を狙った記事を書くことも。
ということで、収益を一気に倍程度まで増やすことができました。
この時点でかなり返済も楽になりましたね。
まとめると、

  1. 多くの人が注目するイベント(今回は箱根駅伝の例)の中で、ライバルが少ない、情報が少ないこと(選手)について記事を書く
  2. 長期的なアクセスにこだわりすぎず、大ニュースにはある程度飛びつく

②は、当然時期がすぎればアクセスくることがなくなりますが、旬の時のパワーは凄まじいのでスルーするのはもったいないです。
ただし、ある程度ブログパワーが付いてからでないとライバルに埋もれて検索結果に表示されないことになります。
少なくともブログ内に100記事程度入った状態から、大ニュースは狙うようにしましょう。
ということで、ここではHさんとの出会いがポイントでした。
Hさんはその後も事あるごとに連絡をくれて気にかけてくれていました。
僕は非常に感謝してましたので、何かお誘いがあれば受けたいなと思ってました。
しかし、その後また1年位は特に接点もなく経過していったんです。
安定記事
爆発記事
という2つの武器を得た僕はかなり調子よく安定して稼ぎ出しました。
それまでは色んなジャンルの記事を詰め込んだ、いわゆる「ごちゃまぜブログ」を運営してましたが、
単一ジャンルに特化したブログ(特化ブログ)も始めました。
僕は特化ブログに注力し、ごちゃまぜブログの記事の多くを外注のライターさんに依頼して書いてもらうということも始めたんです。
それによって、外注費等はかかるものの収益は増えていきましたね。
外注化にはある程度コツがあるので、コンサル企画の中で最適な方法もお伝えし、実際に一緒に進めていくというやり方を考えています。
これは、やり方を知っていても実際にはめんどくさくてなかなか始められない人が多いからです。
「この日に一緒にやる」という予定が決まっていれば出来ますw
このように、半年あれば危機を脱することができます。
原状カツカツで「もう終わりかも」と思っても、何とか半年間の時間を確保しましょう。
時間確保はやれば必ず出来るはずです。
僕が半年間というコンサル期間を設定したのはそのためです。
半年で危機を脱するためには、

  • 借金返済や支払い等の現状把握
  • 正しい手法によって継続して作業すること

この2つが非常に大事です。
破産や債務整理をする前に、自分で稼いだほうが良いですよね。
知り合いにも胸張って会えます。
お金が入ると、信じられないほど心が軽くなりますよ。
お金に感謝するようになります。
暗黒の雲が一瞬のうちに輝く青空に変わる瞬間を味わいましょう。
 


 
初心者が稼ぐためのツール
「1ヶ月記事更新なしで10万円稼ぐサイトを実際に完成させる(仮)」
は、名前の通り1ヶ月記事更新なしで10万円稼ぐサイトを実際に達成させるための方法です。
まず半年で月収10万円を目指し、残りの半年で収益を安定させることで記事更新なしでも月々10万円稼ぐサイトを実現させます。
さらに、収入の上乗せのために別途設定した3つのオプションによって、7ヶ月目以降には10万円を大きく超える収益も狙えます。
ツール・サポートの詳細は次の記事でお伝えしますね。
最後まで見ていただきありがとうございました。
それでは次の記事で!


卓越メルマガの購読メリット

  • 安定して月10万円稼ぐ記事の書き方
  • ライバルごぼう抜きで検索1位を獲る方法
  • 記事を書いて即効でアクセスを集める方法
  • ネタを無限に発掘する方法
  • 無敵のタイトル作成奥義
  • 作業時間を1/5にするツール伝授
  • 季節ネタで爆発させる具体的な方法

ブログで稼ぐための、より具体的な方法をお届けするメルマガを開始しました。

情報は日々新しくなりますが、ネット上に転がってるのはどうしてもワンテンポ遅い情報なんです。

卓越メルマガでは、これらの超貴重な新鮮情報を全7回で週1ペースで配信します。

乞うご期待!

登録は以下からお名前・メールアドレスを入力して「卓越情報をもらう」ボタンを押すだけ。解除も簡単にできます。



*お名前
*メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です