ブログのライティングスキルとは?アクセスを集められる記事を書く方法は?

ブログをやっていて、

  • アクセスが増えない
  • 収益が増えない

という場合、どうしたら良いでしょうか。

アクセスと収益を上げる具体的な方法は、

  • 記事をたくさん書く
  • タイトルの質を上げる
  • 記事の質を上げる

ということが言えます。

今回は、記事の質を上げるために必要なライティングスキルについて考えてみます。

1.ブログのライティングのスキルとは?

ブログで重要な要素なライティングスキルについて考えてみましょう。

これまである程度記事を書いてきたけど、

  • いまいち記事内容がパッとしない
  • アクセスが全然集まらない
  • 何を書いたら良いか分からず、文字数を増やすことに辟易(へきえき)している

ということってないでしょうか?

これらはどれも僕が感じていたことです。

僕はずっと、記事を書くときに

「ただ書いていた」

状態でした。

なんとなく体裁良い感じに書いていき、適当に結んで終わり。

こんな記事を量産してたんです。

でも、このままで記事を増やしていっても、アクセスや収益を爆発的に増やすことは無理なんです。

もちろん、記事の量が増えていけばページビューは増えます。

でも、いくら文章能力があって文法とか単語の用法とかが完璧でも、ただ単に書いただけの記事では爆発することはないですし、
もし爆発したとしても「まぐれ当たり」だといえるでしょう。

ライティングで重要なのは、文法や技法ではなく、どれだけ読者に必要とされることを書けるか?

です。

もちろん、文法や技法などのテクニックはだんだん勉強していく方が良いです。

しかし、読者が求める内容を書くこと無しにはアクセスをたくさん集められる記事は書けません。

では、アクセスをたくさん集める記事を書くにはどうしたら良いでしょうか?

2.アクセスを集められる記事を書く方法は?

アクセスや収益を上げられる記事を書くためには、読者に必要とされる内容を書く必要があります。

でも、どうやって書いたら良いか分からないってことないですか?

僕は最初の頃ずっとそうでした^^;

でも以下のことを意識するようになってからは、どんどん手が動くようになってアクセス集める記事をたくさん書くことが出来るようになったんです。

それは、

  1. 相手を具体的に設定して書く
  2. ゴールを決めて書く

です。

①相手を具体的に設定して書く

読者、つまりこの記事を読んでくれる人が誰なのかをしっかり決めて書くことが大事です。

その人に向かって話しているように書くというわけです。

誰に向けて書いているか分からないような記事よりも、ずっと読みやすくなるし、各スピードも上がりますんで試してみてください。

「たった一人のその人」のために書いている気持ちが大事です。

相手が何を求めているのか=何を知りたいのかを考えてから書く

相手に向かって話すんですから、相手が何を求めているかを考えてから書く必要がありますよね。

必要ではないことをツラツラと書いても意味ないですからw

眼の前にいる相手が知りたい事を考えて、調べて教えてあげるという考え方でブログ記事を書いていく、ということですね。

相手は妄想でもOK

記事を書く際に設定する相手のことをビジネス用語でペルソナって言います。

ペルソナは必ずしも実在する知り合いである必要はないですよ。

ある商品を売りたい時はセールスレターを書きますが、

「その商品を最もたくさん買う層のモデルとなる人物」

それがペルソナです。

なので、ブログ記事の場合は内容ごとにペルソナを決めていく必要があるんですよ。

②ゴールを決めて書く

記事を書く時に、なんとなく書いてしまっていると、アクセスも収益も上がって行きにくいです。

ではどうしたら良いかというと、読んだ人にしてもらいた行動を考えて書くということです。

僕の場合は、読んでくれた人がコメントをくれることをゴールに設定してます。

コメントをくれるといっても、クレームとか誹謗中傷は嫌ですよねw

良いコメントが欲しいです。

コメントをもらうために文法や技法などのテクニックは特に必要ないと思ってます。

必要なのは気持ちですね。

気持ちと言っても、やる気とか根性ではないですw

  • 知り合ったばかりでまだ仲良くなっていない女の子を、デートまで持っていく気持ち
  • 退屈で泣いてる小さい子供を、一緒に遊んで楽しませる気持ち

とかです。

基本的に、相手を楽しくさせようという気持ちをもって書くと、文章力に関係なく良いコメントがもらえると思います。

記事の読者は、何か疑問点を解決しようとしてGoogleやYahooで検索してあなたの記事にやってきます。

なので、その疑問点に対して

「明るい未来を教えてあげる」

という気持ちで書くことが大事ですね。


以上、今回はブログのライティングスキルについてでした。

簡単に言うとライティングスキルとは、テクニックというよりも「気持ち」ということになります。

まずは今回紹介した

  • 相手を具体的に設定する
  • ゴールを決める

を取り入れてやってみてください。

タイトルの質を上げる方法は次の記事で書きます。

お楽しみに。

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語でお願いします。