ドメインの取得方法とレンタルサーバーの契約からWordPressインストールまでの解説!

image-20180515134839

ブログで稼ぐために早速作業を始めましょう。

この記事では、ドメインの取得方法と、

レンタルサーバー契約から
WordPressをインストールするまでを
解説します。

WordPressとはブログを書くための
ツールです。

今インターネット上のブログや
企業ホームページを作るための
ツールとして主流となっています。

このトレンドブログ構築講座では
WordPressを使って
効率よく稼いでいく手法を
提案していますので、

ぜひ導入していきましょう。

使い方は以下の記事で
詳しく解説しています。

1.ドメインとは?

ドメインとは、
インターネット上の住所とも
呼べるもので、

サイトを特定するための
アドレスの一部です。

Yahoo!やGoogleで何かを
検索すると必ず何らかの記事が
検索候補に出てきますよね。

気になった記事のタイトルを
クリックすると、その記事に飛びます。

その際に、

その記事のURLが自動的に
入力されているわけです。

ドメインはそのURLの一部です。

例えば、

“http://robamimireport.com/nakagosinoriko-genzai-kodomo-nagaimasaru/”

この記事のURLで言えば、

「robamimireport.com」

の部分がドメインです。

先頭の「http://」は、

Hyper Text Transfer Protocol
=ハイパー・テキスト・トランスファー・プロトコル

とうもので、必ず付いてきます。

意味は、

ブラウザでテキストを表示する
ということですが、

直訳では

「超文章を移動する手続き」

となって訳が分かりませんね。

覚える必要ないのでスルーしてください。

また、

最近ではhttpsと「s」が追加された
ものも多いですね。

この「s」は
「Secure=セキュア」の略で、

鍵をかけて安全にという意味です。

銀行のサイトなど
凄く安全に配慮したい内容を含む
サイトの場合は、

やりとりを暗号化すべきで、
このhttpsの仕様は必須です。

ブログなど一般的な情報発信だけ
しているサイトの場合は
気にする必要ありません。

とはいえ、

新規に立ち上げるサイトの場合、
この「s」を付けるのは簡単なので、

より安全なサイトだと
アピールできますし、
設定するようにしましょう。

もし、

今持っているサイトが
だいぶ前からのサイトで、

http://で始まっているという場合は

SSL化することも出来ます。

SSL化するとは、

https://で始まるように変えることですが、

今までの検索結果に
出てくるアドレスに訪れた人を
https://の方に誘導する
ために
やや面倒な作業が必要になります。

SSL化については以下の記事を参考に。

SSL化でブログサイトをhttpからhttpsにする手順と301リダイレクトでアクセス減るのも防ぐ方法

2018.05.24

ドメインについてはこのような感じで
サラッと目を通してもらえればOKです。

ドメイン名の決め方やアフィリエイトブログのドメイン取得のおすすめ方法

2018.02.02

2.ドメインを取得する方法

実際にドメインを取得していきましょう。

ドメイン取得には
「お名前ドットコム」というサービスを
利用するとスムーズです。

↓お名前ドットコム
http://www.onamae.com/

image-20180513002558

赤枠のところにワードを入れて
「検索」をクリックします。

すると、

そのワードで使える「第一レベルドメイン」が
一覧表示されます。

image-20180513002819

第一レベルドメインとは、

ドメインの一番最後の部分で、

.com
.net
.info
.org
.xyz
.biz
.jp

などがあります。

「.com」や「.jp」が無難ですね。

ドメイン名はブログの名前と
同じでなくても構いません。

既に使われていて選べない場合は、
まったく別の単語でもOKです。

あまり悩まずに、
ノリで決めてしまって良いですよ。

第一レベルドメインが決まったら、

「お申込みへ進む」をクリックします。

「Whois情報代行一括チェック」
にチェックし、「次へ」をクリック。

※「お名前ID」を持っている場合はログインしましょう

↓必要事項入力
image-20180513092027

必要事項を入力して「次へ進む」をクリック。

↓支払い方法選択
image-20180513092708

支払い方法を選択します。

基本的にはクレジットカード支払いが
おすすめです。

ドメインは毎年更新されるので、
その都度支払いが必要となり、

クレジットカードならすぐに更新できて
便利です。

もちろん、
コンビニ支払いや銀行振込でも
問題ありません。

支払い方法を選択したら、
「申込み」をクリックしましょう。

image-20180513092610

支払いが完了すると、
数分から1時間程度でドメインが
使用可能になりますので、

待っている間に次のステップ
「レンタルサーバーの契約・設定」

を行いましょう。

3.レンタルサーバーとは?

レンタルサーバーとは、
サイトを保存しておく場所です。

ドメインが住所なら、
レンタルサーバーは言ってみれば
土地のようなものですね。

レンタルサーバーを
提供している会社は色々ありますが、

僕が使っているのは

  • エックスサーバー
  • WPXクラウド

の2つです。

エックスサーバーとWPXは
両方共運営会社は同じです。

「エックスサーバー株式会社」ですね。

トレンドブログの業界では最大シェアです。

両者は特徴が違い、
エックスサーバーは複数ドメインを
いくつも管理でき、

WPXクラウドは1サーバーにつき
1ドメインと決まっています。

使い勝手はほとんど
変わらないですね。

契約方法もほとんど同じです。

今回は1サイト限定で
管理することで速度が安定していて、
急激なアクセス集中にも強くて
価格も安いWPXクラウド
契約方法をお伝えします。

4.レンタルサーバーを契約する方法

ここではレンタルサーバー
「WPXクラウド」の契約方法を
見ていきましょう。

WPXクラウドはトレンドブログ業界で
シェアナンバーワンの
エックスサーバーを運営している
エックスサーバー株式会社が

1サイトに1契約で展開している
レンタルサーバーです。

一番の特徴は、
WordPressで作るサイト専用
だというところですね。

WPXの名前の由来も
WordPressから来てますし、

WordPressとの相性バツグンです。

また、

  • サイト速度が速い
  • 急激なアクセス集中に強く安定している
  • 価格が安い

というメリットがあり、
トレンドブログ初心者から
上級者まで幅広い層に
多く利用されています。

デメリットとしては
1つの契約で1サイトしか管理
できないところです。

ですが、

メリットの方が大きいため、

エックスサーバーで複数ドメインを
管理していた人が1サイトずつ
引越してより安定した管理が
できるようにするケースも多いですね。

サイトの速度が速いことは、
スマホでの閲覧が全盛の今では
非常に重要で、

Googleもサイトがより高速に
なるようなアドバイスをサイト管理者に
対してたびたび行なっています。

WPXクラウドはWordPressサイトの
速度を早めるために工夫された
サーバーであり、

これから稼いで行こうと考える人に
とっては非常に有利です。

僕はこれまでトレンドブログを
エックスサーバーで運営して
きましたが、

過去に何度かアクセス集中
によってサイトがダウンしたことが
あります。

正確には、
共用サーバーであるエックスサーバーが、

僕以外のユーザーのサイトへの影響を
最小限にするために
制限を発動したということになります。

サイト速度を遅くして
アクセス制限を掛けられると、

多くのアクセスがある場合に
サイトを閲覧すると、

503エラーページが表示
されるんです。

「人が多すぎて見れません」
という意味ですね。

こうなると
せっかくたくさんアクセスが
来たのに無駄になって
しまいますよね。

WPXクラウドで運営している
ブログはこれまでのところ、

一度もアクセス集中でダウン
したことありませんから、

より安定しているというのが
実感できています。

値段が安いというのも魅力ですね。

前回の記事で、月々のブログ運営には
レンタルサーバー代として
1000円程度かかると言いました。

それはエックスサーバーの
一番安いプランが月々1000円
だからです。

ですが、

今回おすすめするWPXクラウドは
月々500円から始められます。

立ち上げ初期のまだアクセスが
ほとんど来ないような段階では
500円プランで十分です。

月々のアクセスが30万アクセスを
超えだしたら少し高いプランに変更
できますので、

最初は500円でスタートしましょう。

WPXレンタルサーバーとWPXクラウドの違い

WPXには

  • wpxレンタルサーバー
  • wpxクラウド

の2種類があります。

両者の違いは

  • 初期費用
  • 月額料金
  • 管理サイト数

です。

WPXレンタルサーバー(最大10サイトまで)

支払い 初期費用 料金 合計
3ヶ月ごと 是込5400円 月々1200円×3 8600円
6ヶ月ごと 是込5400円 月々1100円×6 11600円
12ヶ月ごと 是込5400円 月々1000円×12 17000円
 
WPXクラウド・グレードA(1契約1サイト)

支払い 初期費用 料金 合計
1ヶ月ごと 0円 税込540円 税込540円
2ヶ月ごと 0円 税込1080円 税込1080円
3ヶ月ごと 0円 税込1620円 税込1620円
4ヶ月ごと 0円 税込2160円 税込2160円
5ヶ月ごと 0円 税込2700円 税込2700円
6ヶ月ごと 0円 税込3240円 税込3240円
7ヶ月ごと 0円 税込3780円 税込3780円
8ヶ月ごと 0円 税込4320円 税込4320円
9ヶ月ごと 0円 税込4860円 税込4860円
10ヶ月ごと 0円 税込5400円 税込5400円
11ヶ月ごと 0円 税込5940円 税込5940円
12ヶ月ごと 0円 税込6480円 税込6480円

 
WPXクラウドでは、
メールアカウントを取得できません。

メールは既存メールを使いましょう。

お問い合わせからのメールも
既存メールで受けられるので、

ブログ運営上は問題ありません。

 

以上のように、

WPXクラウドの方が
初期費用がかからず月々料金も
安いため、

ブログ立ち上げ初期には
断然おすすめです。

アクセスが増えてきたら
月の途中でもグレード変更が
可能など柔軟性も高いので、

クラウドの方で始めましょう。

WPXクラウド契約手順

WPXクラウドの
契約手順を見ていきましょう。

①WPXクラウドにアクセスする

WPXクラウドにアクセスしましょう。

以下のリンクから行けます。

https://www.wpx.ne.jp/cloud/

ページ上部の「クラウド」の方が有効になっていることを確認してください。

②「お申込みフォーム」ボタンをクリック

まずメールアドレスを登録します。

image-20180514120952

「お申込みフォーム」ボタンを
クリックして次のページに行きます。

③「同意する」ボタンをクリック

個人情報の取扱いの説明が出てきます。

image-20180514121119

内容を確認して「同意する」ボタンをクリックしましょう。

④メールアドレス登録・確認

メールアドレスを登録します。

image-20180514121035

すぐに確認メールが届くので、
メール本文に記載の
URLをクリックします。

⑤サーバーIDの登録

サーバーIDを登録します。

image-20180514121236

これはサーバーの管理画面の
アドレスに使用されます。

また、

トラブル時等の問い合わせ
にも必要ですので、

忘れないようにメモしておきましょう。

サーバーIDは
ブログには表示されません。

任意の分かりやすいIDを
自分で考えて入力します。

既に他の人に
使われているワードは
使用できないので、

何度か入力し直す必要が
出て来るかもしれません。

⑥会員情報登録

会員情報登録画面で、
必要項目を入力します。

image-20180514133549 image-20180514133650

最後のところの「グレード」は、
グレードAを選択します。

入力後、
「確認画面へ進む」
をクリックしましょう。

⑦会員情報確認画面

会員情報確認画面で、
入力した情報が
間違っていないかチェックします。

image-20180514155714

内容に間違いがなければ、
「会員登録を確定する」をクリックします。

以上でWPXクラウドの契約が完了です。

この後、
ドメインネームサーバーを変更して、
その他の設定をしていきます。

5.ドメインのネームサーバー設定

最初にお名前ドットコムで
ドメインを取りましたよね。

そして、

ドメインが使用可能に
なるまでの間に

レンタルサーバー(WPXクラウド)を
契約しました。

ここでは、

使用可能になったドメインの
ネームサーバーを変更する方法
を説明します。

ネームサーバーとは?

ネームサーバーとは、
ドメインを運用するサーバーを
決定するためのアドレスのことです。

これを変更してあげることで、

あなたのドメインが
さきほど契約したWPXクラウドで
使えるようになるわけですね。

既存では
お名前ドットコムのネームサーバー
になっているので、

WPXクラウドで指定している
ネームサーバーに変更しましょう。

ネームサーバー変更手順

ネームサーバー変更手順を解説します。

①お名前ドットコムのドメインNAVIへログインする

お名前ドットコムのホームページで、
ドメインNAVIにログインします。

http://www.onamae.com/

image-20180514163026
  • お名前ID
  • パスワード

を入力してログインしましょう。

image-20180514163151

ドメインの更新画面に
アクセスするので、
トップ画面へ移動します。

image-20180514164601

その際、

更新するかどうかのポップアップが
表示されることがありますが、

「移動する」
をクリックしてトップ画面へ行きます。

②「ドメイン一覧」をクリック

トップ画面にある
「ご利用状況」の項目から、
「ドメイン一覧」をクリックします。

image-20180514164403

③「初期設定」をクリック

ネームサーバーの
「初期設定」というところを
クリックしましょう。

image-20180514165014

④その他のネームサーバーをチェック

上から3つめの
「その他のネームサーバー」
にチェックを入れます。

image-20180514173203

⑤WPXクラウドのネームサーバーを入力する

「その他のネームサーバー」
をチェックすると、

次のような画面が出ますんで、
以下のように入力します。

image-20180514165527
1.プライマリネームサーバー(必須) ns1.wpx.ne.jp
2.セカンダリネームサーバー(必須) ns2.wpx.ne.jp
3 ns3.wpx.ne.jp

 

⑥確認画面でOKをクリックして完了

ネームサーバーを入力したら

「確認画面へ進む」
をクリックしましょう。

以下の画面でOKをクリック
することで設定完了です。

image-20180514165615

次に、

WordPressのインストール
を行いましょう。

ちょっと疲れますが、
もうひと頑張りです。

6.WordPressのインストール方法

このトレンドブログ構築講座では
WordPressを使用しての
ブログ作成を推奨しています。

推奨と言うか、
WordPressを使うことを前提で
やっていくので
是非導入していきましょう。

ここでは、
WordPressの簡単な説明と、
インストール手順をお伝えします。

WordPressとは?

WordPressは
レンタルサーバーにインストール
することで、

ブログ管理ツールとして
使用できます。

こうしたサイト作成用のツール
のことをCMSと言います。

CMSとは、

「Contents Management System」
の略で、

日本語では
「コンテンツ管理システム」
という意味ですね。

コンテンツというと、
「目次」という意味で使うことが
多いですが、

この場合のコンテンツとは、
ウェブサイト内の記事やコーナー等
「中身」のことになります。

WordPressは
トレンドブログをやっている人の
多くが使っているCMSで、

Googleも利用を推奨
しているんです。

WordPress自体は無料ですが、
「テーマ」とよばれる
デザインテンプレートに

無料のものと有料のものが
あります。

テーマは単にデザインの違い
だけでなく、

SEO対策にも影響します。

SEOとは、

「Search Engine Optimizeation」
の略で、日本語では

「検索エンジン最適化」
という意味です。

簡単に言うと、
GoogleやYahoo!などの
検索エンジンに記事が
表示されやすくする事になります。

SEO対策がきちんと出来ていると、
検索によく出てくるようになり

アクセスが増え、
結果的に収益が増えるわけです。

なので、
ブログを運営するうえで、
SEO対策は非常に重要です。

SEO対策で重要なのは、

  • 記事のタイトル
  • 記事の文字数
  • 記事内容の質
  • 記事の数
  • WordPressテーマ

です。

要は、
良い記事を多く書いて、
見やすくすること

がSEO対策として大事
ということですね。

良い記事の作り方は
もう少し先で超詳しく
お伝えするので、

もう少しお待ち下さい。

そのまま読み進めていって
もらえればOKです。

とにかく、

WordPressは
トレンドブログ運営に
欠かすことが出来ないツール
ということで、

サラッと受け入れていきましょう。

WordPressインストール手順

ここでは
インストール方法を解説しますので、

手順通りやっていきましょう。

WordPressの使い方や
テーマについては
次の記事で詳しく解説します。

①WPXクラウドにログイン

以下のリンクから
WPXクラウドにログインします。

https://www.wpx.ne.jp/cloud/

②ドメインの追加

ログインしたら、
左サイドバーにある

「他社管理のドメインを追加する」
をクリックします。

image-20180515071942

「Whois認証」に
チェックが入っているか確認して、

「ドメインの追加(確認)」
をクリックしましょう。

③WordPressインストール

左サイドバーの
「新規インストール」
をクリックします。

image-20180515070400

④必要情報の入力

WordPressインストールに
必要な各項目を入力していきます。

image-20180515070834

↓各項目の説明

サイトアドレス ②で追加したドメインを入力し、末尾をプルダウンから選択
WordPress ID ログイン時に使用するIDで、後で変更はできません。
ブログタイトル 仮タイトルでOKです。後から変更できます。
メールアドレス 管理用のメールアドレス。後から変更できます。
独自SSL セキュリティに配慮したプロトコルを使用できます。チェックを入れておきましょう。

 
全て入力したら、
「次へ進む」をクリックします。

④「確定」でインストール完了

入力内容に間違いがなければ、
「確定(WordPressをインストール)」
をクリック。

image-20180515072015

以上でWordPressの
インストールが完了しました。

ブログを書く際には
WordPressにログインする必要が
あります。

ログインには

WordPress ID
パスワード

が必要で、
インストール完了時の確認画面に
パスワードが表示されるので
必ずメモしておくようにしましょう。

パスワードは後で変更可能です。
 


 
以上、

今回はドメインの取得方法と
レンタルサーバーの契約から
WordPressインストール

までの解説をしました。

基本的にはこの記事を見ながら
進めれば簡単に設定可能ですが、

うまく設定ができない場合は
お問い合わせいただければ
と思います。

最後まで見ていただき
ありがとうございました。

では次の記事で
WordPressでブログ記事を書く方法

を確認していきましょう。

では!


卓越メルマガの購読メリット

  • 毎月10万円Googleから入金される記事の書き方
  • ライバルごぼう抜きで検索上位を独占し続けるタイトル作成奥義
  • 記事を書いて5分後にリアタイ300!の方法
  • ネタを芋づる式にに発掘する方法
  • 作業スピード5倍になる効率化方法
  • 1日2万PVの安定ネタ紹介

情報は日々新しくなりますが、ネット上に転がってるのは3ヶ月〜6ヶ月以上遅い情報なんです。

卓越メルマガでは、これらの現役プレーヤーが隠しておきたい生の情報を、全7回で週1ペースで配信します。

(7回の構築講座終了後も最新情報を随時配信予定)

乞うご期待!

登録は以下からお名前・メールアドレスを入力して「卓越情報をもらう」ボタンを押すだけ。解除も簡単にできます。



*お名前
*メールアドレス

2 件のコメント

  • すみません、この手順どおりに進めていたのですが、wordpressをインストールするところで、サイトアドレスを入力するところが灰色になってしまい入力ができません。となりのプルダウンのところは設定したサーバーアドレスになっているのですが・・
    どうすればよいでしょうか。

    • こんぶ様
      コメントありがとうございます。

      卓越ブログ運営者の杉本です。

      wpxクラウドをご契約され、
      WordPressのインストールのところで
      止まってらっしゃるということですね。

      ここまでは問題なく進まれたようでしたら、
      少し時間をおいて再度ログインしてみてください。

      もし解決しない場合は、
      またご連絡いただければと思います。

      何かエラー等が出る場合は
      wpxクラウドのサービスに
      お問い合わせ頂くほうが
      良いかもしれませんね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語でお願いします。